疲れない体には呼吸が大事?!呼吸を見直してみましょう

2020年5月31日

体を休めたり、適度に運動をしても何か疲れが取れない。

やはり、ストレスはかなり体によくなようです。

解消方法はいろいろありますが、「呼吸」がかなり大事だそうです。

どんな呼吸が体にいいのか紹介してみます。

 

口呼吸は浅い呼吸になる

呼吸って意識すると体に上体を殊更に表しています。

例えば、緊張したり、ストレスを感じると呼吸が浅くなりませんか?

ついつい、深呼吸してみたくなったり。

この口呼吸は浅い呼吸になり、不安やストレスがたまりやすくなるそうです。

そういえば、最近は口呼吸が多いかもしれないですね。

 

デスクワークやスマホなど、猫背気味の姿勢(悪い姿勢)を続けると、

口呼吸になりやすく、呼吸が浅くなります。

これは、つねに緊張状態になっている状態なんですね。

だから疲れがたまる。

姿勢は大事ですね。意識して背筋を伸ばさないとですね。

しかも、浅い呼吸に慣れると、深呼吸するのが難しくなるようです。

意識しながら深い呼吸をすることが大事なんですね。

これだけでも、自律神経が整うみたいですよ。

 

マインドフルネスで呼吸を整える

ここのところ「マインドフルネス」という言葉をよく聞きます。

これ、呼吸法の一つで深くゆっくり呼吸しながら瞑想する方法。

やってみるとわかりますが、かなりリラックスできます。

 

この動画がわかりやすいです。

10分くらいがちょうどいいかな。

何も考えず、力を抜いてリラックス。

これだけで、かなりパフォーマンスアップ&頭がクリアになります。

疲れの原因は、ずっと脳を動かしているのも原因です。

スマホ、ユーチューブ、ゲームなど継続的にしていると脳は休まらないんですね。

で、疲労が蓄積しちゃう(^^;)

私もそうなんですけどね(笑)

一日のどこかで体をリフレッシュさせることは重要ですよ。

ぜひ取り入れてみてください。

 

疲労回復

Posted by kazu