疲労回復ならアミノ酸が良い?!bcaaとは?

2019年9月10日

体の疲労回復にはアミノ酸が良いと言われます。

いろんな種類のものがありますがどれがいいんでしょう?

今回はアミノ酸について紹介してみます。

 

アミノ酸とは

アミノ酸とは、生命の源となる栄養成分とも言われています。

それだけ、カラダの様々な機能を担っている成分なんです。

人の体は、水分=60%、タンパク質=20%kぐらいの構成といわれています。

タンパク質は、おもに筋肉や消化管、内臓、髪や皮膚のコラーゲンなど、
カラダの主要組織を形成しています。

このたんぱく質を構成している成分がアミノ酸なんです。

それだけ、体には必要不可欠な成分といえますね。

 

アミノ酸の種類

アミノ酸の種類は約500種類以上もあると言われています。

その中で、人の体を構成するアミノ酸は下記の20種類です。

体を構成するアミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン、リシン(リジン)、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、トレオニン(スレオニン)、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、グリシン、セリン

聞いたことのある成分もあれば、聞いたことのない成分もあります。

この中で、11種類のアミノ酸は他のアミノ酸から体内で合成して不足を補うことができますが、
残る9種類は食事など外部から摂取しないと補えないものがあります。

体内で合成できないものを必須アミノ酸、合成できるものを非必須アミノ酸と呼びます。

 

人の必須アミノ酸は、ロイシン,イソロイシン,リシン,トレオニン,トリプトファン,バリン,
ヒスチジン,メチオニン,フェニルアラニンになります。

これらのアミノ酸をバランスよく摂取することが大事ということですね。

 

アミノ酸BCAA

最近では、アミノ酸でも「BCAA」という言葉をよく聞くと思います。

このBCAAとは、「Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸」と言われ、

バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称です。

必須アミノ酸になりますね。

特に、運動をする方にはお勧めのアミノ酸になります。

 

BCAAを摂取することで

  • 筋タンパク質合成促進
  • 筋タンパク質分解抑制
  • 筋損傷軽減
  • 筋肉中のグリコーゲン節約
  • 乳酸産生抑制

などの効果が期待できます。

 

持久運動を行うと、血液中のBCAAをエネルギー源として消費します。

それがなくなると自らの筋肉の材料となっているBCAAをエネルギー源として
消費していくので、筋肉の分解を始めてしまうんです。

だからこそ、ランニングなど持久運動をする方にはBCAAは必須とも言えますね。

BCAAを継続的に摂取することで、筋肉などの疲れを緩和することで
疲労回復の効果が期待できそうですね。

【海外直送品】Scivation Xtend BCAA 90杯分 (マンゴー)

BCAA マッスルプレスで体をアシスト

「BCAA マッスルプレス」は、ハードトレーニングのケアには必須のアイテム。

話題のBCAAをなんと87,000mg配合しているんです。

必須アミノ酸の中でも分岐鎖アミノ酸と呼ばれる「バリン・ロイシン・イソロイシン」が入っています。

しかも、一般的BCAAでは、上記の3成分は「1:2:1」の比率での配合なのですが、
BCAAマッスルプレスは「1:4:1」の究極比率で配合されているんです!

筋トレ時に飲むと効果がさらに期待できるようです。

どうせ飲むなら、しっかりと成分が配合されているものをおすすめします。