疲労回復にローヤルゼリーいいんだろうか?

40代も半ばになると、なかなか体の疲れが取れません。

ほんと、実感しますね(^^;)

軽く運動したり、ドリンクやサプリなどに頼りたくなってしまうんです。

で、今回はふと目にした「ローヤルゼリー」。

なんか体によさそうなんで使ってみることにしました。

 

ローヤルゼリーとは?

そもそも、ローヤルゼリーってよく聞きますが何?

実はよく知らないんです。(笑)

調べてみますと

ロイヤルゼリーとは、ミツバチの若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する乳白色のクリーム状の物質である。女王蜂となる幼虫や、成虫となった女王蜂に給餌される食物であり(広義には、働き蜂となる若齢幼虫に給餌される食物である「ワーカーゼリー」を含む)、ミツバチの社会“コロニー”を支えている。 女王バチが働きバチに比べ長寿で体も大きくなるのはこの特別食のおかげである。たんぱく質が多いほか、果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが広く含まれる。

当然、wikipedia様からの引用です。(笑)

女王蜂しか食べられない、栄養豊富な特別食と言ったところですね。

そう聞くと、体に良い成分が詰まってそうです。元気になりそうです(笑)

日本では「王乳」とも呼ばれているみたいです。

 

ローヤルゼリーの種類

ローヤルゼリーには、生ローヤルゼリー乾燥ローヤルゼリー調製ローヤルゼリーの分類があるようです。

生ローヤルゼリー
みつばちが女王蜂を育成するため、その咽頭腺等を通じて王台中に分泌したものであって、移虫後72時間以内に採取したもの

乾燥ローヤルゼリー
生ローヤルゼリーを凍結乾燥その他の方法により乾燥処理したもの

調製ローヤルゼリー
生ローヤルゼリー又は乾燥ローヤルゼリーに乳糖、はちみつ等の調整剤、添加物等を使用し、調製(錠剤、カプセルその他剤型品の調製は、品質保全のため必要な場合に限る)したものであって、使用した生ローヤルゼリーの重量が全重量の6分の1以上のもの

結構。細かく分かれていますね。

この種類に違いがあるのか調べましたが、元々、生ローヤルゼリーで販売していたものが、独特の味わいや飲みづらさ、要冷蔵などの面があり、改善された形として、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーが作られていったみたいですね。

 

ローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーの成分としては、

  • 体内での合成の出来ない9種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸
  • ビタミン(B1、B2、B6、葉酸など)
  • ミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄分など)
  • コリン
  • γ-アミノ酪酸
  • ローヤルゼリーだけの特有成分であるヒドロキシデセン酸など

凄い栄養素が詰まっているんですね。

正直驚きました。

栄養の詰まったパーフェクトフードとも呼ばれてるみたいです。

調べるとますます摂取したくなってきます。

 

使ってみた「ローヤルゼリー」

調べると、メチャメチャ欲しくなったのでとりあえず購入したのがこれ。

DHC ローヤルゼリー 30日分

DHCさんの「ローヤルゼリー30日分」です。

なんせ、コスパ最高です!!

ローヤルゼリーって結構お高いのが多いんです。

多分、品質や成分やいろいろあるんでしょうけど、毎日続けて飲みたいんでコスト抑え目で探したのがこれでした。

1か月分で900円程度(アマゾンさんです)

これなら続けられる!!(かも?!)と思って試してみてます。

2か月目ですが、寝起きが楽になったかな?!

正直、極端な変化は感じませんが(極端な変化は逆に怖いですし)昼にご飯食べた後、眠気が少ないとか、なんとなし元気とか(いろんな面で(笑))、朝が楽だとかプラシーボかもしれませんが、なんかそんな変化はあります。

もうちょっと続けてみようと思います。

やはり、年を重ねると定期的なメンテナンスは必要だなと実感。

元気に頑張ります!!

 

↓これいいみたいなんですが手が出ません(笑)